未経験でも大丈夫?

60歳くらいの歳でデリヘル勤務を検討しているとなると、多くがそれまでにも風俗経験のある女性かもしれません。未経験であるにもかかわらず、高齢になったタイミングで、あえてその選択肢を見出すというケースは考えにくいです。とはいえ、かならずしもそうとは限りません。中には、旦那さんが亡くなった、世間的なしがらみも少なくなったといった理由から、あえて風俗に挑戦する未経験女性もいるようです。しかし、そうなってくると不安なのが、仕事内容かと思われます。風俗という業界にまったく縁のなかった人が、いきなり始められる仕事か心配になる方もいらっしゃるでしょう。

ですがご安心ください。熟女系問わず、実はデリヘルをはじめとした多くの風俗求人では、未経験歓迎を謳っているケースが少なくありません。特別な経験や資格を持っていなかったとしても、やる気次第で比較的スムーズに始められる業界だからです。特にデリヘルの仕事は、研修DVDだけで流れを覚えられるような内容なので、比較的ハードルは低いです。また利用男性としても、少し素人っぽさの残る新人をあえて好むといった人は結構多いです。「未経験」は、むしろ歓迎すらされるステータスといえるのです。経験がなくても、ぜひ気兼ねなく挑戦してみてください。

どんな女性が良い?

前述で、一般的なデリヘルと熟女系デリヘルのプレイの違いについてご紹介しましたが、60代となってくるとまたさらに求められる部分に特徴がでてきます。そのため、高齢熟女風俗を好む男性がどのような面にこだわっているのかを考えることで、活躍できる女性の適正を知ることができます。

若い子の場合は、顔や体といった容姿面が大切になります。顔がいい、体がいいという魅力さえ伴っていれば、性格や会話内容が多少平均より劣っていても難なく稼げます。ところが、熟女系、さらには60代ともなればそうはいきません。包み込むような母性や、高齢な大人ならではの雰囲気・態度、若い子にはない身だしなみといった、それこそ60代ならではの部分が大切です。数あるデリヘルの中でも、あえて60代女性が働くお店を選び抜いて利用しているわけですから、当然といえば当然ともいえますが。そのため、変に若作りなどはせず、年相応の魅力、振る舞いを魅せられる女性こそ、活躍できる可能性は高まるといえるでしょう。

この特徴は、ある意味メリットでもあります。なぜなら、そうした雰囲気や身だしなみさえ気にしていれば、容姿に限らず誰でも風俗求人応募できるためです。もちろん、容姿に特化したマダム専門店などを謳うお店もあるので、自信があるのならそちらを選んでもよいでしょう。

熟女系デリヘル

熟女系デリヘルとは、その名の通りデリヘルの熟女版です。基本的にサービス内容は一緒ですが、落ち着いた会話や丁寧な振る舞い、経験によって培われたテクニックなどを魅力に感じて好む男性が多く、プラスアルファが求められるジャンルといえるでしょう。特徴としては、とにかく働く女性の年齢層が幅広いことです。熟女と一口にいっても、特に決まった概念があるわけでもありません。一般的には30代以降といわれているようですが、20代後半、もしくは中盤であっても、その雰囲気さえ持ち合わせていれば働けるジャンルでもあります。女の子の雰囲気は人それぞれなので、年齢にとらわれず自分に合ったお店で働くことが高収入への近道です。

下限以上に特徴的なのが、上限の方です。それこそ、今回テーマに挙げているような60代女性が働けるような熟女系デリヘルもあるため、やる気次第では長く働いていけます。30歳を三十路(みそじ)、40歳を四十路(よそじ)というように、60歳にも六十路(むそじ)という呼び名があり、好む人は事実存在します。その証拠に、そうした年代の女性ばかり集めたマニア向けデリヘルも事実存在しています。年齢が高いからといって稼げる単価が低くなるわけでもなく、たとえば90分19,000円、120分25,000円と、若い子が働くお店とそこまで変わらない設定でサービス提供されています。60代だからといって、諦める必要はありません。

風俗と年齢制限

女性としての魅力を男性に楽しんでもらうことが基本である風俗業だけに、年齢面は少し気になることでしょう。世間一般の考え方からすれば、やはり若い女の子の方が人気であると思われがちです。事実、風俗求人を見渡せば、ほとんどが若い女の子、また大人世代であっても、人妻や30代前後の熟女などがほとんどです。そうなってくると、やはり同じ熟女でも60代を超えるとなった場合、仕事として続けることは難しいのでしょうか。

確かに、若い人のように引く手あまたといった状況は難しいかもしれません。とはいえ、まったく不可とも言い切れません。男性は世の中に数多く存在します。そしてそれだけ、性癖というものもバラバラです。60代という年齢の女性を好む男性も、事実存在します。そしてそれと同時に、そんな需要をカバーする、60代前後の高齢熟女ばかりに特化した風俗店も、実際に何店か見られます。若い人が働く場合のように簡単ではないかもしれませんが、お店選びや働き方を考えれば、年齢制限を気にすることなく勤務は可能というわけです。

風俗ジャンルの中でも特に探しやすいのは、デリヘルことデリバリーヘルスです。場所にあまりとらわれることなく、あらゆる地域で営業できるデリヘル店は、店舗数も業界内トップクラスです。それだけに、お店の種類もさまざまにあり、それこそ60代前後女性を集めた高齢熟女風俗のような、マニアックなお店も少なくありません。今回はそんな60代でも働ける風俗の特徴や、働く際のポイントなど、詳しくご紹介します。