熟女系デリヘル

熟女系デリヘルとは、その名の通りデリヘルの熟女版です。基本的にサービス内容は一緒ですが、落ち着いた会話や丁寧な振る舞い、経験によって培われたテクニックなどを魅力に感じて好む男性が多く、プラスアルファが求められるジャンルといえるでしょう。特徴としては、とにかく働く女性の年齢層が幅広いことです。熟女と一口にいっても、特に決まった概念があるわけでもありません。一般的には30代以降といわれているようですが、20代後半、もしくは中盤であっても、その雰囲気さえ持ち合わせていれば働けるジャンルでもあります。女の子の雰囲気は人それぞれなので、年齢にとらわれず自分に合ったお店で働くことが高収入への近道です。

下限以上に特徴的なのが、上限の方です。それこそ、今回テーマに挙げているような60代女性が働けるような熟女系デリヘルもあるため、やる気次第では長く働いていけます。30歳を三十路(みそじ)、40歳を四十路(よそじ)というように、60歳にも六十路(むそじ)という呼び名があり、好む人は事実存在します。その証拠に、そうした年代の女性ばかり集めたマニア向けデリヘルも事実存在しています。年齢が高いからといって稼げる単価が低くなるわけでもなく、たとえば90分19,000円、120分25,000円と、若い子が働くお店とそこまで変わらない設定でサービス提供されています。60代だからといって、諦める必要はありません。